求人情報

厚生労働省 医政局 医療経営支援課
国立ハンセン病療養所 将来構想実現等推進室
[特集] 国立ハンセン病療養所

国立ハンセン病療養所は、国立の医療機関として、北は青森県から南は沖縄県宮古島まで全国(青森県、宮城県、群馬県、東京都、静岡県、岡山県、香川県、熊本県、鹿児島県、沖縄県)に13施設あり、入所者の方々に対して、それぞれの地域に根ざした医療を提供しています。

国立ハンセン病療養所の現状

国立ハンセン病療養所の入所者の方々の人数は1,090人(令和2年5月1日現在)であり、入所者の平均年齢は86.3歳に達し高齢化が進んでいます。入所者の殆どがハンセン病そのものは治癒しているものの、視覚障害や肢体不自由等の後遺障害を有しており、しかもその8割程度が障害程度二級以上の重度障害であることや、多くが高齢化に伴う生活習慣病などの合併症を有する等の特徴があります。さらに、長期にわたる療養所生活を送っていることなど、歴史的・社会的な特殊性を有しています。

国立ハンセン病療養所で提供される医療のほとんどが入所者の方々に対して行われていますが、近年、地域開放の観点から、地域住民の方々に対する外来を設けている施設もあります。また、施設によっては、最新の医療機器を整備しているところもあり、他の医療機関との連携も望まれています。さらに、療養所内におけるプライマリケアやリハビリテーション機能の充実を図っていますが、療養所内で対応できない専門的な医療を行う必要がある場合には、療養所外の医療機関と連携して行う委託治療を行うなど医療の充実に努めています。

療養所はプライマリケアが主体で勤務は概ね規則的となっており、研究などの時間をとりやすい特徴があります。また臨床から離れており現場への復帰を希望される医師にも向いています。

国立ハンセン病診療所パンフレット
施設一覧はこちら

ハンセン病について

ハンセン病は、1873年にノルウェーのアルマウェル・ハンセン医師により、らい菌による細菌性感染症の一部であることが発見されました。ハンセン病はらい菌の感染を受けた個体の一部が、長年月にわたる不顕性感染の後に発症する慢性細菌感染症で、主に末梢神経と皮膚が冒され種々の程度の知覚麻痺や運動麻痺によって身体障害を起こす特徴があります。

感染を防ぐため、国では隔離政策をとってきましたが、らい菌は感染力が弱いことから、感染することが低いうえ、感染しても発病するのは非常に稀であることがわかりました。また、ハンセン病治療に有効な治療薬が開発されたことにより、その治療法が確立され、現在では、早期発見と適切な治療で、後遺症を残さずに治すことができるようになっています。なお、最近の我が国での新規患者数は毎年数名程度にすぎません。

国立ハンセン病療養所 施設紹介

お問い合わせ

厚生労働省 医政局 医療経営支援課
国立ハンセン病療養所 将来構想実現等推進室

03-5253-1111(内線4412)

国立ハンセン病療養所は、国立の医療機関として、北は青森から南は沖縄県宮古島まで全国に13施設あり、入所者の方々に対して、それぞれの地域に根ざした医療を提供しています。

ドクターズマガジン2017年6月号の特集ページに掲載されました。
ドクターズマガジン2017年4月号にチラシを同梱しました。

[特集] 国立ハンセン病療養所 お問い合わせ

お問い合わせに関する注意事項

  • 回答期日の指定などにはお答えできかねる場合がございます。予めご了承ください。
  • 半角カナ文字のご使用はご遠慮ください。お問い合わせ内容が正常に送信されない場合がございます。
  • 携帯電話のメールアドレスはご遠慮ください。

セミナー投稿機能利用希望の方は、その旨、お問い合わせ内容に記載ください。弊社で審査後、担当より、ご連絡させていただきます。
*ご希望に添えないこともありますことを予めご了承くださいませ。

  • 内容の入力
  • 入力内容の確認
  • 完了
お問い合わせ方法
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容
氏名
性別
メールアドレス

確認用

電話番号
お住まいの
都道府県
専門科目
医師免許取得年

個人情報のお取扱いについて

株式会社メディカル・プリンシプル社(以下「当社」)は、個人情報保護を最重要課題と位置づけ、 「個人情報保護マネジメントシステムに関する要求事項(JIS Q15001)」に準拠した保護管理体制をしいています。当社の全社員が個人情報保護の重要性を認識し、以下の定めにもとづき個人情報をお取扱いいたします。

  • 個人情報の収集と利用の目的

    お客さまの個人情報、お寄せいただいたお問い合わせ内容は、お問い合わせの回答及びよりよいサービス提供の参考とさせていただく以外はその他の目的で使用することはございません。

  • 個人情報登録の任意性

    個人情報の全部または一部が不足している場合には、お問い合わせにお答えできない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 個人情報の委託

    個人情報を外部の業者に委託し、情報処理を行なう場合があります。この場合、委託する業者と契約を締結し、個人情報を適正に管理できるようにいたします。

  • 個人情報の第三者への提供

    個人情報をご本人の承諾を得ずに第三者に開示することはいたしません。ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲において、ご本人の承諾なく個人情報の内容を開示することがあります。

    4.1 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、承諾を得ることが困難である場合
    4.2 公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合
    4.3 国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    4.4 裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合
    4.5 法令により開示または提供が許容されている場合
    4.6 当社と守秘義務契約を結んだ業務委託先に、本サービスの運営に必要な業務の全部又は一部を委託する場合

  • 個人情報の確認、訂正、削除

    個人情報の確認、訂正または削除のご依頼があった場合には、請求者がご本人であることを確認させていただいたうえで、すみやかに対応いたします。下記の窓口まで、文書もしくはE-mailでお申し出いただきますようお願いします。

  • 個人情報に関する問合せ先

    登録いただいた個人情報に関するお問合せは、以下の個人情報相談窓口までご連絡をお願いします。

    株式会社メディカル・プリンシプル社 個人情報相談窓口
    privacy@medical-principle.co.jp

    個人情報保護管理者
    株式会社メディカル・プリンシプル社
    経営企画担当役員
    TEL 03-4565-6100(代表)