記事・インタビュー

2022.11.11

麻酔科医がやりがいを感じる環境 私を活かせる場所がここにある≪PR記事≫

-私を活かせる場所がここにある-

済生会新潟県央基幹病院とは?

ものづくりのまち燕三条で、日本をリードする公立・公的5病院の病院再編が行われます。
救急車6,000台を超えるERの立ち上げ、再編対象病院の急性期・手術機能集約など、新潟県県央地域の柱となる病院「済生会新潟県央基幹病院」を一から作りあげるプロジェクトです。
オンライン海外留学支援など、教育も充実したこの病院で一緒に働きませんか。先生をお待ちしております。

  • 開院時期:2024年3月開院予定
  • 病床数等:病床数400床(一般396床、感染症4床)、手術室8室
  • 運営主体:新潟県済生会(公設民営による指定管理者)
  • アクセス:県内・県外からのアクセスが良い立地!JR燕三条駅から徒歩7分
    新潟市・長岡市まで新幹線で約10分、高速道路で約20分
    東京駅まで新幹線で約110分

新潟県立県央基幹病院

新病院立ち上げ・麻酔科体制新規構築につき、全国麻酔科医の「声」を募集

病院の立ち上げに参加できる

新たな麻酔科診療体制構築のため、「全国麻酔科医のみなさまから、働きやすい麻酔科づくりのアドバイスをいただきたい会」を開催します。
・ 12/6(火)~12/9(金)4日間にわたり麻酔科医の先生のご都合に合わせ30分ミーティング(謝金あり)
・ 済生会新潟病院院長予定者(燕労災病院長)の遠藤直人先生にぜひ、さまざまなご意見をお聞かせください。
申込はこちら

済生会新潟県央基幹病院 麻酔科で働く4つのメリット

1.全国をリードする地域医療再編、新病院立ち上げに参画
2.ハーバード等の一流大学へオンライン海外留学を病院が支援。MBA・MPHなど学位取得も可
3.目の前の患者に向き合い全身管理を学びながら、手術麻酔、救急・集中治療、ペイン・緩和医療、麻酔科診療体制構築など、幅広いキャリアを選択可能
4.働き方改革が始まる今だからこそ、ライフステージに応じて麻酔科医が求める働き方や目指すキャリアを実現できる、あなたの望む働き方を創る

求める人材、メッセージ

<求める人材>
・麻酔業務では、外科、整形外科などの定例手術のみならず、救急疾患に対する手術麻酔も中心的な業務となります(心臓血管外科、呼吸器外科は予定していない)。
・再編対象病院である県立燕労災病院の段階から勤務いただき、新病院立ち上げ準備に参画していただく、そして新病院開院後は麻酔科を統括、運営していただきます。
※年齢・出身大学の条件はございません。
<メッセージ>
あなたのライフステージに応じてあなたが求める働き方や目指すキャリア実現のため、ともに話し合いながら、働きやすい「あなたの麻酔科ライフ」を創っていきましょう。
私たちは先生を待っています。

済生会新潟県央基幹病院に向けた医師募集サイト等はこちら

新潟で進む全国をリードする病院再編に加わっていただける医師を募集しています。

麻酔科医がやりがいを感じる環境 私を活かせる場所がここにある≪PR記事≫

一覧へ戻る