求人情報

公益社団法人 北海道勤労者医療協会 [特集] 北海道勤労者医療協会(北海道勤医協)

北海道勤労者医療協会(北海道勤医協)とは

医療イメージ

戦後、医療に恵まれない人々の要求にこたえようと、地域住民と医療従事者が手をたずさえ、民主的な医療機関が全国各地につくられました。1953年、これらの病院・診療所が集まって全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)が結成されました。以後、半世紀以上にわたって地域の人々にささえられ、身近な医療機関として活動しています。

北海道では、終戦直後から活動が始まり、1949年北海道勤労者医療協会が設立されました。その後、道北、道南、道東の各勤医協ができ、1978年北海道民医連が結成されました。現在、十勝、オホーツク勤医協や、薬局法人、社会福祉法人も加わり全道各地で活動しています。

また、私たちは医療事業を中心とした公益的な非営利の事業を団体の目的として、それに賛同する人びとによって作られた集団です。そうした団体の性格を、法律的にも明らかにするため、設立時は「旧民法第34条」に基づく公益法人である「社団」として設立されました。
2012年4月1日より、公益社団法人として北海道知事から認定を受け登記しています。


北海道勤医協で学べる3つの特色

勤医協中央病院へ
勤医協札幌病院へ
勤医協苫小牧病院へ

ごあいさつ

理事長

勤医協はすべての人が平等に医療を受けられることを目的に、1949年に設立されました。1970年代以降、医師数が増加し医療技術も向上しましたが、設立当初の精神はしっかり引き継ぐ形で発展をしてまいりました。勤医協には無料低額診療制度があり、国の認定機関として経済的困難ゆえに医療にかかれない方に対し、無料低額で医療を提供しています。また、差額ベッド費用などもかかりません。これらも設立当初からの精神が生きている例と言えるでしょう。公益社団法人の認定も受けておりますが、その目的は地域住民の要求に応え、患者・地域住民の方々の共同の営みとして無差別平等の医療・福祉を実践することです。医師や医療組織が医療を提供してやるというスタンスではなく、これからは患者・地域住民の方々と医療従事者が一緒になって健康を守れるような生活を創り上げていくこと。それが”共同の営み”の意図するものです。また、暮らしを営む地域そのものが、健康で長生きしたいと思えるような街でなくてはなりません。私たちは、そうした街づくりにも貢献していきたいと考えております。

勤医協は壁のない組織であり、医師同士の風通しが大変良いです。出身大学は北は旭川医科大学から南は琉球大学と幅広く、職種間での壁もなく民主的チーム医療を目指しています。すべての職種がプロフェッショナルとして自分たちの仕事を誠実におこない、必要な連携を図りながら一丸となって医療を提供するという目的意識が、組織と個々人で合致しております。医療人として地域の役に立ちたい、困っている方を支えたいという想いがとても高い職員の集合体です。全職種が参加する学術運動交流集会を定期的に開催し、実践や研究成果を持ち寄って学び合います。地域においても、私たちの活動を応援してくださる地域の方々による「友の会」組織を有しており、勤医協の医療、地域における活動、さらには医師養成にいたるまで助言をいただき、たいへん貴重な財産となっています。また、大学との連携にも力を入れており、医学生の病院実習、医師の研修、症例検討会、医師養成や医療政策の検討といった場での交流が活発に図られています。医療技術の水準を保つ上でも、こうした活動は非常に役立っております。

私たちの根底にあるのは、地域のために、患者さまのために尽くしたいという想いです。そのために医師としての実力を付けたい、活躍の場がほしいという方をぜひお迎えしたいと思います。病院での専門医から、都市圏や地方での地域医療まで勤医協では幅広い活躍の場を提供できます。地域の声をしっかりつかみ、日々やりがいを感じながら仕事をしていただけます。”オール北海道”で、道内の医療崩壊を改善し、困っている方々に医療を提供できる北海道を創り上げていきたい。そのために貢献していきたいという勤医協の理念に賛同いただき、研鑽や実践を共にしていただける方を心よりお待ちしております。

くわしくは下記までお気軽にご相談・お問い合わせください

公益社団法人 北海道勤労者医療協会

011-811-5370

E-mail:info@humandy.co.jp

[特集] 北海道勤労者医療協会(北海道勤医協) お問い合わせ

お問い合わせに関する注意事項

  • 回答期日の指定などにはお答えできかねる場合がございます。予めご了承ください。
  • 半角カナ文字のご使用はご遠慮ください。お問い合わせ内容が正常に送信されない場合がございます。
  • 携帯電話のメールアドレスはご遠慮ください。

セミナー投稿機能利用希望の方は、その旨、お問い合わせ内容に記載ください。弊社で審査後、担当より、ご連絡させていただきます。
*ご希望に添えないこともありますことを予めご了承くださいませ。

  • 内容の入力
  • 入力内容の確認
  • 完了
お問い合わせ方法
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容
氏名
性別
メールアドレス

確認用

電話番号
お住まいの
都道府県
専門科目
医師免許取得年

個人情報のお取扱いについて

株式会社メディカル・プリンシプル社(以下「当社」)は、個人情報保護を最重要課題と位置づけ、 「個人情報保護マネジメントシステムに関する要求事項(JIS Q15001)」に準拠した保護管理体制をしいています。当社の全社員が個人情報保護の重要性を認識し、以下の定めにもとづき個人情報をお取扱いいたします。

  • 個人情報の収集と利用の目的

    お客さまの個人情報、お寄せいただいたお問い合わせ内容は、お問い合わせの回答及びよりよいサービス提供の参考とさせていただく以外はその他の目的で使用することはございません。

  • 個人情報登録の任意性

    個人情報の全部または一部が不足している場合には、お問い合わせにお答えできない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 個人情報の委託

    個人情報を外部の業者に委託し、情報処理を行なう場合があります。この場合、委託する業者と契約を締結し、個人情報を適正に管理できるようにいたします。

  • 個人情報の第三者への提供

    個人情報をご本人の承諾を得ずに第三者に開示することはいたしません。ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲において、ご本人の承諾なく個人情報の内容を開示することがあります。

    4.1 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、承諾を得ることが困難である場合
    4.2 公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合
    4.3 国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    4.4 裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合
    4.5 法令により開示または提供が許容されている場合
    4.6 当社と守秘義務契約を結んだ業務委託先に、本サービスの運営に必要な業務の全部又は一部を委託する場合

  • 個人情報の確認、訂正、削除

    個人情報の確認、訂正または削除のご依頼があった場合には、請求者がご本人であることを確認させていただいたうえで、すみやかに対応いたします。下記の窓口まで、文書もしくはE-mailでお申し出いただきますようお願いします。

  • 個人情報に関する問合せ先

    登録いただいた個人情報に関するお問合せは、以下の個人情報相談窓口までご連絡をお願いします。

    株式会社メディカル・プリンシプル社 個人情報相談窓口
    privacy@medical-principle.co.jp

    個人情報保護管理者
    株式会社メディカル・プリンシプル社
    経営企画担当役員
    TEL 03-4565-6100(代表)