記事・インタビュー

2022.06.01

クイズ形式で楽しく学べる『胸部単純写真StepUp問題集』≪PR記事≫

クイズ形式で楽しく学べる『胸部単純写真StepUp問題集』

私はA大学病院の研修医(後期)Sakuraです。
まだ画像の読影は勉強中で、なかでも胸部単純写真は難しくて苦戦しています。
つい最初にCTの撮影を考えるのですが、やはり単純写真も必要です。
でもなかなか単純写真から所見を見つけることが難しくて、読影にも時間がかかってしまいます。

先輩医師はパラパラっと画像を見ているようなのに、ピタッと止まった画像には気になる陰影や所見が必ずあります。
まるで診断の仙人のようなんです。
どんな勉強をしたらそんな目になれるのでしょうか??
すばらしい教科書をたくさん読んでいるからでしょうか?

今日はそんな仙人のような先生方のうち、大御所のKo先生と中堅のMa先生にどのようにしたら単純写真を読めるようになるのか教えていただきました。

 Sakura :さっそくですが、胸部単純写真の勉強法について教えてください。

 Ko先生 :では、まず胸部単純写真をスケッチしてください。

 Sakura :スケッチですか??

 Ko先生 :そうです。スケッチすることで画像の良し悪しがわかってきます。この画像は正面で撮影されているのか、肩甲骨の位置はどうか、上向き、下向きで撮影されていないか、肺野が観察に適した濃度かどうかなどがわかり、解剖も理解できます。
見慣れると異常影を発見することができるようになってきます。
学生時代には、解剖そして画像解剖の知識が必要です。
その上で典型的所見の理解、典型的画像所見を示す疾患の診断力を身につけていくのがいいでしょう。

 Sakura :他にスケッチしながらわかることはどんなことがあるのでしょうか?

 Ko先生 :例えば、第1弓は縦隔内にあるため、若い年代の患者さんの所見はみえないことがあります。また痩せている患者さんの第2弓も縦隔に重なり、輪郭がみえにくいこともあります。また、動脈と静脈の区別は血管の走行を理解していないと区別が難しいので、画像解剖を理解している必要がありますね。

 Sakura :スケッチができたら読影ですか?

 Ko先生 :スケッチができただけでは診断はできませんね(笑)
読影も語学や部活、習い事などと同じですが、突然できるようにはならないのですよ。
画像解剖が理解できるようになったら、たくさんの正常例をみるようにしてください。
正常例にも加齢による変化があったり、撮影条件がよくない画像で異常のようにみえるけれど正常なものがあったりと、いろんな画像があります。
正常例をたくさんみることで、正常変異や異常との違いがわかってくるものです。

 Sakura :そうなんですね。画像をたくさんみるようにしますが、画像をみる時のポイントはどんなところでしょうか?

 Ko先生 :スケッチで理解した画像解剖の知識を使いながら、心臓や大血管のシルエット、肺野の左右差、横隔膜や血管陰影のチェックが大切です。
いろんな先生方が画像をみる時の目の動かし方やみる順番など工夫された方法があるので、それを使うのも良いかと思いますよ。

 Ma先生 :例えば、佐藤雅史先生の「小三J読影法」は、「小」「三」「J」の順番で画像をみていく方法で見落としが減る、効率が良いと絶賛されていましたね。他にはチェックリストをまとめてらっしゃる先生もいますし、視線の動かし方は、それぞれの良い方法を見出していくといいでしょう。
また、正面像だけではなく側面像を見慣れておくことも大切です。

 Ko先生 :研修医だと、正常と異常の違いを理解しておくこと、正常変異が診断できるようになること、画像でみえているものが何か理解していることは必要ですね。その上で、病変をみつけ、みつけた病変の鑑別診断を挙げることが必要になります。またみえにくい部位の病変を見落とさないようにする工夫が大切です。

 Ma先生 :多くの良い教科書がありますので、疾患の知識を蓄えながら画像をよくみること、そしてその所見を記述する方法など基本的な知識を身につけるとよりいいですね。

 Sakura :チェックポイントや画像をみる方法があるのですね!オススメの本や教材などはとても知りたいです。

 Ko先生 :そうですね~、私が若い頃は、とにかく多くの症例をみてスケッチしたり、学会などの診断クイズにチャレンジしたり、英語の教科書を読んだりしていました。今は良い日本語の教科書もたくさんありますね。基本的なものとしては、とても長く売れている「胸部単純X線診断」、初学者には「胸部X線カゲヨミ」、少しステップアップしたい人には「胸部写真の読み方と楽しみ方」などがわかりやすいと聞きますよ。

 Ma先生 :最近、本を読むのが苦手な人や忙しすぎて時間がない人が多いので、本を勧めても読まないんですよね。
最近はアプリやwebコンテンツ、Instagramなどで勉強できるものが多いので、若手はそういうもので知識を身につけてますよ。いろんな学会でも電子書籍やコンテンツを作りはじめていますしね。
胸部単純写真のトレーニングだと「胸部単純写真StepUp問題集」というクイズのコンテンツを見つけたので、医学生や研修医に教えたらおもしろそうにやっていましたね。基本の5級と少し読影を始めた方向けの4級とあるのですが、日頃、胸部単純写真を読影していないとちょっと間違えてしまうくらいの手応えがあるレベル感なので、これは要チェックですよ!

 Sakura :いい情報をたくさんありがとうございます!早速みてみます!!

胸部単純写真StepUp問題集についてはこちら≫

参考動画

電子書籍

基本情報 監修:佐藤雅史 / 編集 高間都支,鶴田晴子, 一色彩子
書名:目を鍛える胸部写真アカデミー -佐藤雅史先生の講義映像付き- 1~9
出版社:イーサイトヘルスケア
電子版発行年月日:2020/1/17
種別:eBook版
51頁
ISBN:9784908339080
価格:定価 1,100円(税込)
主な目次 特別講義映像 「ヒヤリハットな教訓症例 -結節影- 」

症例1 フィルムリーディングの定番

症例2 知っておきたい!珍しい所見

症例3 腫瘤の進展方向に着目

症例4 この所見から何を問診しますか?

症例5 側面像での異常を指摘できますか?

他、全10症例

購入先
ご購入はこちら ≫

★参考★本記事でご紹介した書籍は、【民間医局】書店で定価の5~12%OFFで購入できます。

基本情報

著者:佐藤雅史
書名:極める!胸部写真の読み方 小三J読影法と症状・症候からせまる胸部画像診断学
出版社:学研メディカル秀潤社、学研プラス
発行年月日:2012/3/1
ISBN:9784780908183
351頁
価格:定価 6,600円(税込)

基本情報

著者:林邦昭
書名:新版胸部単純X線診断 画像の成り立ちと読影の進め方
出版社:学研メディカル秀潤社、学研プラス
発行年月日:2000/9/1
ISBN:9784879622280
311頁
価格:定価 5,280円(税込)

基本情報

著者:中島幹男
書名:胸部X線カゲヨミ
出版社:羊土社
発行年月日:2019/3/23
ISBN:9784758111904
168頁
価格:定価 3,960円(税込)

<プロフィール>

松尾 義朋(まつお・よしとも)
イーサイトヘルスケア株式会社 代表取締役社長
1984年佐賀医科大学医学部(現:佐賀大学医学部)卒業と同時に佐賀医科大学放射線科入局
2001年聖路加国際病院、その後、西台クリニック画像診断センター、六本木ヒルズクリニック勤務を経て
2008年イーサイトヘルスケア代表取締役就任。同時に遠隔画像診断の佐賀TMクリニックの院長を兼務する。

松尾 義朋

クイズ形式で楽しく学べる『胸部単純写真StepUp問題集』≪PR記事≫

一覧へ戻る